バストアップの大失敗談

バストアップ基礎知識

 

大きく魅力的な豊満なバストを手に入れたいというのは、女性なら誰しも一度は思ったことがあるんじゃないでしょうか?やはり女性特有のバストには、みんなそれぞれ何かしらの思いや、エピソードがあると思います。私は、最近彼氏ができたので、最初は少しでもいい体で接したいと思い、バストアップのマッサージを始めました。短期的に大きくなれるという本を読んでの実践だったのですが、彼氏ができたばかりということもあり、かなりの大失敗をしてしまいました。彼氏との始めての温泉旅行を1週間後に控えていたので、1cmでも多くバストアップするため、毎日全力でマッサージを実践していました。マッサージ方法には『優しく』と書いてあったのですが、痛くても強くやれば早く効果が出ると思ってゴリゴリ押したり揉んだりを繰り返しました。その結果、最初はもちろん真っ赤になりましたし、それでも続けるもんだから、逆に血流が悪くなっちゃって、青あざみたいになっちゃったんですよね。もちろんそんな体を彼氏に見せるわけには行かず、残念なことに楽しみの温泉旅行は諦めることにしたんです。だからみなさんも、バストアップはもちろんダイエットなども、焦りは禁物ですよ。

 

バストアップは努力次第

 

独身の頃は少し体がむっちりしていたこともあり、Dカップ程ありました。
そして1人目を妊娠してさらに大きくなりました。母乳育児だったので産後は胸が大きくてパンパン。
胸が目立って逆に恥ずかしいと思うほどでした。
しかし授乳期を終えると少し小さくなりました。
それからしばらくして2人目を妊娠し、また少しずつ大きくなりました。
同じように母乳育児だったので胸は大きいまま。
しかし授乳期を終えると前回より小さくなったような気がしました。
更に3人目を妊娠するとまた同じ繰り返しでした。
しかし以前と違うのは、授乳期後あきらかに胸がなくなったということです。
独身の頃のDカップはどこへ消えてしまったのか…
もうBカップほどの寂しい胸になってしまいました。
ぴったり目の服を着ると今度はぺったんこの胸が目立って恥ずかしくなるようになりました。
また、旦那に女として見てもらえなくなるのではという心配からバストアップをしようと決意しました。
まずはインターネットで様々なバストアップの方法を調べました。
まず興味を持ったのがサプリメントです。
しかしこれはお金もかかるし、どれも宣伝がうさん臭くてやめました。

そしてたどり着いたのがある女性のブログでした。
テレビ出演もあり、実際彼女のところにバストアップ希望者がたくさん訪れているようでした。
ブログではバストアップ方法やお客さんのbeforeafterの写真もあり、非常に興味を持ちました。
二の腕や背中の肉を流し、胸に集めたり、ツボ押しをするという方法を実践しました。
劇的に変わるわけではありませんが、あんなにぺったんこだった胸に少しずつ張りが戻ってきました。
一時は諦めていたのですが、まだまだ努力次第でバストアップできることがわかったので、これからも地道にバストアップに励んでいきたいと思います。

 

ハニーココ口コミ